個人でできること
アンバサダー
の声

Vol.6 川北麻衣

「アンバサダーの声」第6弾は、東京都在住で会社員をされている川北麻衣さんです。

アンバサダーになったきっかけは何ですか?

2012年にツバル(太平洋に浮かぶ国)で永井君と偶然出会ってから、活動に関する様々な苦労話や成功体験を聴いてきました。その志の高さと行動力に非常に感銘を受け、私も何か役立ちたいと、その頃から思っていました。日本ソマリア青年機構が単発で行なっていたクラウドファンディングなどには協力していたのですが、その時も毎回苦労していた様子だったので、何か継続的な支援ができるといいなあと思っていました。

ですから、アクセプト・インターナショナルを立ち上げ、アンバサダー制度をつくると聞いた時に、これだ!と思い、すぐに登録しました。私はユニセフやUNHCRのマンスリー募金もしているのですが、そのどことも違うアンバサダー制度というのが、とても面白く前向きで良いなと思います。ただ金銭的な支援をするだけでなく、自分もアクセプト・インターナショナルの一員であるというような意識を持てる、素晴らしい制度だと思いました。

(下段右が川北さん、上段中央が永井。NPO法人ツバルオーバービューのツバル訪問ツアーでたまたま一緒になりました)

なんとツバルで永井と出会われたのですね!その後、温かいご支援を続けていただきメンバー一同大変嬉しく思います。実際にアンバサダーになってみていかがでしょうか?

アクセプト・インターナショナルの活動も、そこで活動されているメンバーの皆さんも、より身近に感じるようになりました。

もともと、永井君からしか話を聴いたことがなかったので、彼の著書にも出てくる頼もしいメンバーたちとも話をしてみたいと思い、先日、アンバサダー懇親会に参加しました。初&1人参加で緊張しましたが、始まってみれば、すごく興味深い話ばかりで、あっという間に終電の時間になっていました。実際に活動しているメンバーの皆さんから、個別に生の声を聴くことできるこのような機会は本当に貴重で面白かったです。また、こんなきっかけがないと直接お会いすることのできない、アンバサダーの皆さんも、経験豊かで意識の高い、素晴らしい方ばかりで驚きました。中には高校生や大学生のアンバサダーもいるようで、その多様性も素敵だなと思います。

懇親会の参加を通して、本当にたくさんの素敵な人たちの気持ちと行動力が集結してできている団体なのだなと実感しました。

普段アンバサダーとして何かしていることはありますか?

まずは、以前、永井君の著書を贈ったら、私と同じくらい感銘を受けていた母をすぐに巻き込み、アンバサダーになってもらいました(笑)

あとは、会社のデスクのわりと目立つところにアンバサダーのステッカーを貼っています。私が席にいない時でも、通りかかった人が気にしてHPを見てくれたりするかもと期待しつつ、入会の際に同封されていたご案内も一緒に。

私の勤めている会社の社会貢献部の責任者や会社のボランティア活動を一緒にしている仲間たちには、度々、永井君やアクセプト・インターナショナルの話をしています。会社として支援するには色々とハードルがありそうですが、いろんな人脈のある方たちに知ってもらうことで、個々の知り合いレベルでも、少しずつ認知度が上がって、良い繋がりが生まれるといいなと思っています。

素敵なアクション、本当に有難うございます。アクセプト・インターナショナルは今後どのような組織になっていってほしいと考えていますか?

日本ソマリア青年機構の頃からの、自分たちにだからできること、自分たちにしかできないことをやるという理念はこれからも変えることなく続けていってほしいと思います。その上で、できるだけたくさんのバラエティに富んだ人たちを巻き込んで、自分たちだからできることの幅をもっともっと広げていけたら素敵だなと思います。私も引き続き、アンバサダーの1人として、その一翼を担うことができるよう、頑張ります。

最後に、このサイトを見ている方やメンバーへ何かメッセージをどうぞ!

アクセプト・インターナショナルのことが少しでも気になる方は、是非一度、懇親会に参加してみてはいかがでしょうか。普通の若者に見える、意外と少し控えめな印象のメンバーたちに質問をぶつけると、本当に目をキラキラさせて活き活きと、メンバーになったきっかけや活動内容、持っている理想についてなど、たくさんのことを語ってくれるのです。こちらの様々な小さい疑問にも丁寧に真剣に答えてくれて、アクセプト・インターナショナルがどんな団体なのかを、じっくり聞いて知ることができます。決して押し付けがましくも、独りよがりでもない、芯の通ったメンバーたちの生の声が聞けるので、オススメです。アンバサダー活動に興味を持った皆さんに、懇親会でお会いできること、楽しみにしています。

最後に、現地に行くメンバーの皆さん、皆さんの志の高さと勇気、本当に尊敬しています。何万回も言われていることだとは思いますが、何度行っても、慣れてきても、どうか気をつけて、無理はしないで毎回無事に帰ってきてください。そして、大変なことも、迷いも悩みもたくさんあるとは思いますが、たくさんの人をハッピーにできる皆さんだからこそ、皆さんがハッピーでいてくださいね。また懇親会で色々と話すのを楽しみにしています!


川北様、「アンバサダーの声」にご協力頂きまして誠に有難うございました。オフィスでのアンバサダーステッカーの掲示に加え、知人への団体の紹介や懇親会への参加など様々なサポートをしていただいていること、大変有り難く存じます。私たちも川北様と共に、全身全霊をもって前へ進んでいきたいと思います。私たちの活動にお力添えくださり、本当に有難うございます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。