団体概要
私たちの
ミッション

排除するのではなく、
受け入れる

このコンセプトを軸に、私たちはテロと紛争の解決に取り組んでいます。

今、この地球では、歴史上かつてないほどの高水準でテロと紛争が発生し、途方もない死者数と難民問題など副次的な問題も発生しています。それらの問題に対して、世界各地では排除や駆逐の論理に基づく軍事的取り組みがなされてきました。しかし、現状は一向に改善されません。それどころか、2011年以降、世界は未だかつてない規模のテロや紛争に直面しています。

2016年1月1日 - 2019年2月8日の間に起きたテロのマッピング

出典:Esri Story Maps team and PeaceTech Lab(2019)

この状況を前に、私たちは、「アクセプト(受け入れる)」という論理が必要とされていると考えています。それは、単なる博愛主義ではありません。テロと紛争の解決に何が必要とされるのか、憎しみの連鎖の歴史と問題構造を分析した時、「受け入れる」取り組みが必要とされています。私たちは、テロ・紛争解決という分野だからこそ、武力ではなく平和的な手法を選びます。

人の指から鳩を放ち、銃をツタに絡め封じているこのロゴには、「人権的な手法で暴力を機能停止させる」という意味を込めています。葉の多様な彩りは多様性を意味し、10枚という枚数は数秘術において寛大や再生を表しています。

共感に左右されるのではなく
ニーズにもとづく
取り組み

私たちは、取り組みへのニーズは非常に高いものの、様々な理由から見過ごされている問題に対して活動を行います。国際社会の努力により、子どもや女性、難民をはじめ、一般的に社会的弱者とされる存在へは共感と支援が集まるようになりました。しかし、テロや紛争を引き起こすのは、こうした潮流から疎外された人々です。

問題解決においては、感情的な共感にもとづくのではなく、ニーズに対していかに真摯であるかが大切だと考えます。深刻ではあるものの、多くの人々が取り組んでいない問題こそ、私たちが取り組むべき課題です。 だからこそ、ソマリアのような見て見ぬふりをされる紛争地、そしてテロ組織から投降した人やギャング、社会に居場所がない人々に対して取り組みをしています。

テロ・紛争解決という分野は、問題の深刻さに関わらず、様々な制約を受けるため取り組みの少ない問題です。危険性の高さや有効なアイディアの不在、社会的な支援の潮流との隔たりなどの理由は、解決に向けた取り組みの難しさへ大きな影響を与えています。しかし、私たちは諦めません。常に使命と現実に真摯に向き合い、前例を創る覚悟を持って活動していきます。

テロと紛争のない世界を実現するために、
今世界で、あなたが必要とされています。