活動内容
活動
アプローチ

過激化させない。そして、過激化している人を取り残さない。

私たちは、過激化リスクの高い人々や地域を対象とした過激化防止と、一度テロ組織に加入してしまった人への脱過激化・社会復帰支援などを行なっています。現場レベルでテロ組織の人的勢力を縮小することで、テロと紛争の解決を目指します。

従来、紛争解決は和平合意の締結によって行われてきました。これは、紛争当事者と対話することにより、解決を導く方法です。しかし、近年増加しており現在発生している紛争の約44%を占める「テロ組織が当事者として関与する紛争」においては、彼らと対話することが非常に難しく、国際社会は解決のための新しい方法を模索しています。

私たちは、テロリストやギャングなどの紛争当事者が脱過激化・積極的社会復帰を果たせる道を築くことで自主的な投降を増やすこと、そして、新たな加入者を生み出さないことで、紛争地域においてテロ組織の人的勢力を削ぐ取組みを基幹事業としています。

誰もテロリストとして生まれた人はいません。そして、武力だけでは解決に向かわないことを私たちは歴史的に知っています。だからこそ、ワークショップやスキルトレーニング、カウンセリングなどの平和的な手法を用いて取り組んでいます。

活動地域

私たちは、テロと紛争の問題が深刻なものの、取り組みが少ない場所で活動をしています。

現在はソマリア、ケニア、インドネシアの3カ国で4つのプロジェクトを実施しています。これまで、ナイジェリアや中国(新疆ウイグル自治区)でも活動を行ってきました。

画一的なプログラムとして実施するのではなく、実施国や現場の状況に応じて内容をアレンジすることで確かな成果を生み出しています。また、一人一人の状況把握を丁寧に行い、個別のフォローも充実させています。

過激化しやすい地域・人々を対象とした過激化防止事業とあわせて、私たちはすでに過激化した人々を対象とする「脱過激化・社会復帰事業」に力を入れています。主な対象は、刑務所などに収容された元テロリストと釈放直後の人々です。支援ニーズの高い、釈放直前・直後の人々に対して心理・経済・社会的なサポートを実施することで、彼らの社会復帰を促進し、再過激化を防止します。また、一度過激化してしまった人々が社会に戻っていける環境を創り、テロ組織からの投降者を増やすことも目指します。

  • 脱過激化

    De-radicalization & Dis-engagement

    暴力的過激主義思想や違法性の高い行為からの脱却を支援します。思想的な脱過激化では、宗教的・政治的な信念の達成のために暴力的・違法的手段をとってもいいという考え方を、そう考えるに至った経緯や思想体系に寄り添いながらも変革します。行為的な脱過激化では、テロなどの行為や過激化グループへの所属からの脱却を行います。

  • 社会復帰

    Re-insertion&Re-integration

    対象者が現地コミュニティで生活を成り立たせ、自身を取り巻く現実と向き合えるよう支援します。収入創出やコミュニティとの接点構築、さらには厳しい現実の最中にあっても努力し続けるマインドセット構築のための支援を実施し、特に問題が発生しやすい釈放直後の自立を強力に支援します。更生や矯正といった姿勢ではなく、彼ら自身と同じ目線での対話的アプローチを大切にしています。

この脱過激化と社会復帰において、私たちはこれまでの取り組みを踏まえ、RPAモデルという独自のフレームを構築しました。Re-define(再定義する)、Prepare(準備する)、Action(行動する)で、私たちの姿勢やテロ・紛争解決という目標が大きく反映されています。一方的に矯正・更生させるのではなく、同じ人間として彼ら一人一人と向き合い、対話を通じて彼らのマインドと行動を変えています。

アクセプト・インターナショナルのRPAモデル

  • 脱過激化
    幻滅対策プログラム

    社会に戻ったものの、思うようにいかなかったときに再過激化のリスクは高まります。だからこそ、起こりうる障壁を事前に洗い出し皆で対応策を検討することで、再過激化のリスクを抑えます。

  • 脱過激化
    和解に向けた対話プログラム

    コミュニティの代表者を招いて対話セッションを実施することで、社会側の考え方に触れ、和解に必要な要素を理解します。また、コミュニティの方々はテロリストや投降兵、ギャングの実情に触れてもらうことで理解を深めます。

  • 社会復帰
    スキルトレーニング / ライフスキルトレーニングプログラム

    経済的・社会的自立を目指して現場に似合ったスキルトレーニングや就労支援を実施しています。また、情報へのアクセスや周囲との関係構築をはじめ実際的に厳しい現実の中で生きるためのライフスキルトレーニングも力を入れています。

  • 社会復帰
    長期カウンセリング

    社会に飛び立った後も参加者と連絡が取れる体制と、いざという時に頼ってもらえる関係を構築します。そのうえで、定期的なモニタリングとカウンセリングを実施しています。また、ビジネスプランの相談や投資なども行い社会復帰を後押ししています。

君たちは僕に希望を与えてくれた。
僕を変えたのは紛れもなく君たちさ。

— 元ソマリア人ギャング / アブディファター

1991年、ソマリア南部キスマヨ生まれ。ソマリア内戦の激化に伴い、幼少期に隣国ケニアに避難。不法難民として難民キャンプ周辺からナイロビに逃れ、ソマリア人難民移民居住区イスリー地区に流れ着く。そこから自分が生き延びるために、仲間を守るために、ソマリア人ギャング組織に加入。2014年にプロジェクトに参加。これまでマリファナなどの売買などで生活を成り立たせていたが、現在は後輩ギャングたちのケアや新規受け入れに精力的に参画している。

  • 国連人間居住計画(UN-Habitat)

    ハッサン・アブディカディール

    アクセプト・インターナショナルの考え方は、ソマリアはもちろん世界におけるテロに対する答えだ。テロ組織は見捨てられた人々にすり寄っていく。だからこそ、そのような人々をケアしなくてはならない。政府からも世界からも見捨てられた場所、人にコミットメントすることが今求められている。その中で、アクセプト・インターナショナルと共に価値あることを生み出せたらと思っている。

  • タワカルメディカルクリニック 院長

    アブディカディール・モハメド

    私たちは2013年から協働を開始したが、今やアクセプト・インターナショナルはこのソマリアとケニアの問題を根本的に解決する大きな仕事をしている。過激化した若者たちを変える鍵はアイデンティティや自尊心にある。彼らを過激化した若者たちをユースリーダーに変えていくという発想は非常にユニークなうえに有意義だ。

  • 元ソマリア人ギャング

    ジャンジェス

    俺は2015年の夏にアクセプト・インターナショナルのプログラムに参加した。これまで社会に相手にされたことがなかったから、俺たちに対して偏見無くフラットに接してくれたことにみんなで驚いたことを今でも覚えているよ。大切な時間だった。スキルトレーニングで手に入れた修了書を持って精一杯頑張って、今では街で電化製品関連の仕事を朝から晩まで毎日しているんだ。

自分が社会でどう思われているかは簡単に想像できる。
それでもやり直したい。

— イスラム過激派組織アル・シャバーブ投降兵 / アブディ

1996年、ソマリア中部バイドア生まれ。バイドアで育つも身寄りの家族が殺され、そこから叔父とともに生きることになった。テロ組織アル・シャバーブのリクルーターにモスクで勧誘されるとともに、すでにアル・シャバーブに賛同している友人たちからの圧力もあり、同組織に加入。軍事キャンプでのトレーニングを受けて活動をするも、1年後に投降を決意し仲間数人とともに投降。現在リハビリテーションプログラムに参加している。

テロと紛争のない世界を実現するために、
今世界で、あなたが必要とされています。