活動内容

インドネシア

テロリズムではない
ジハードを、
共に考える。

グローバルテロリズムにおける一つの要所となっているインドネシア。国内の刑務所には、テロを首謀し収監されたものの、適切なケアがされず、過激な思想を抱いたまま釈放される人が多くいます。私たちは、彼らが社会に復帰した時に再び過激化しないよう、対話や講義を通じて彼らを脱過激化し適切な社会復帰を導いています。

1990年代前半からインドネシアにて活動を開始したイスラム過激派組織ジェマ・イスラミアは、これまでインドネシアを中心に様々なテロ活動を実行してきました。その流れを汲み、インドネシア中部ジャワを拠点とするイスラム過激派組織ラスカー・ヒスバ(Laskar Hisbah)が誕生しました。2010年代半ば、イスラム国(IS)との共同テロ実行計画の画策中に、大規模な摘発を受け、彼らの多くは刑務所に収監されました。ラスカー・ヒスバはイスラム国と強い繋がりがあり、その組織的機能からアジアにおけるテロ対策の大きな鍵とされてきました。

逮捕されたラスカー・ヒスバの構成員が、近年徐々に釈放されつつあります。しかし、刑務所での対応不足から彼らの過激性は逮捕以前にも増して高まっていることが多く、内面的な脱過激化のニーズが現地で指摘されています。また、彼らの多くが過激性の高いコミュニティに戻っており、経済・社会的な社会復帰も進んでいません。

私たちは中部ジャワのスラカルタにて、現地ニーズを踏まえ、釈放されたラスカー・ヒスバへの脱過激化・積極的社会復帰事業を実施しています。多くの参加者が自爆テロなどのケースに関わった人々であり、ラスカー・ヒスバの構成員を中心に、ジェマ・イスラミアやアルカイダインドネシアに属していた方も受け入れています。

インドネシアにおける取り組み

脱過激化・積極的社会復帰事業

私たちは、釈放者への経済的支援をしている現地NGO・Lembaga Kajian Lintas Kultural (LKLK)と協働し、釈放されたラスカー・ヒスバ構成員への心理的および社会的側面での脱過激化・積極的社会復帰事業を実施しています。脱過激化セッションでは、参加者のジハード(聖戦)思想を認めたうえで、具体的な行動としてテロ行為が本当にベストなのか?という切り口から彼らの脱過激化を導いています。

元テロリストと社会の和解を促進するべく、脱過激化セッションでは基本的にすべてのプログラムに、現地コミュニティの代表者を複数名招聘しています。これにより相互理解と和解を深めるとともに、社会復帰に向けて前向きな姿勢を醸成できます。加えて、問題に直面した際に自らで対処できる能力とそれを支える社会の受け入れ体制を構築し、彼らの社会復帰を後押ししています。

さらに、社会復帰フォローアップも実施しており、元テロリストの方々のコミュニティや家庭を訪問し、経済・社会的自立に問題があれば対策を講じるとともに、長期的・継続的なモニタリングとカウンセリングも実施しています。

最初はイスラム教徒ではない日本人に何ができるのかと考えていた。でも実際、彼らとフラットに自分の過去を振り返り、実生活に根ざしたフォローアップを受けることは、非常に有意義だった。

— イスラム過激派組織ラスカーヒスバ元構成員 / アリフィン

テロと紛争のない世界を実現するために、
今世界で、あなたが必要とされています。