活動内容
ソマリア

世界最悪の紛争地
ソマリアから
テロのない世界を創る。

政府や国連と協力しつつ、過激化防止と脱過激化の両輪を機能させることでテロの解決と紛争強度の低下を導きます。紛争地の最前線から、世界のテロと紛争にも展開できるモデルを構築していきます。

1980年代に勃発した内戦が全国に拡大し、1991年から2012年までの21年間無政府状態を経験した国、ソマリア。正式政府が発足した現在でも、度重なる飢饉や難民・国内避難民が発生し続けています。加えて、アフリカで最も人を殺している組織である、イスラム系過激派組織「アル・シャバーブ(Al-Shabaab)」によるテロ行為や住民に対する暴力、支援物資の搾取などにより、内戦状態は激化・長期化・広域化しています。アル・シャバーブはソマリアだけでなく、ケニア・ウガンダなど周辺諸国においてもテロ活動を行い、甚大な犠牲者数を出しています。

激戦地である南部ソマリアおよびケニア北東部では、アル・シャバーブへ加入する若者が後を絶ちません。紛争、干ばつ、飢餓、という絶望的な環境を生きる多くの若者たちには、スキルも、教養も、職もありません。アル・シャバーブは、過酷な状況下にある若者の怒りや不満に付け入り、組織加入への勧誘を行います。結果、若者たちは続々とアル・シャバーブに加入していきます。今も8,000人以上の構成員がいるとされており、状況は非常に深刻です。

ソマリアにおける取り組み

①脱過激化・積極的社会復帰事業

首都モガディシュにおいて、アル・シャバーブの投降兵に対する脱過激化セッションや現地政府が実施するリハビリプログラムへの支援を行い、その後の社会復帰を促しています。脱過激化から社会復帰までの一連の流れをうまく機能させることによって、アル・シャバーブ兵士の投降に対する考えをポジティブなものにし、さらなる脱退の促進にも繋げていきます。

ソマリアには、和平合意や停戦合意はもちろんのこと、和平プロセスさえ存在していません。紛争後の被害に悩まされているのではなく、今まさに紛争そのものが非常にアクティブな状態です。激しい紛争の下では、投降した元テロ組織兵士の社会復帰は極めて困難であり、そのため、更なる戦略的な取り組みが必要とされています。現在、ソマリア政府とさらなる投降兵への取り組みに関する了解覚書(MoU)を締結しに基づき、2019年8月開始を目指すDRR(De-radicalization, Re-insertion, Reintegration)プロジェクトの準備をしています。

②若者の過激化防止事業

国連人間居住計画(UN-HABITAT)からの要請を受け、ソマリアとケニアの国境にある町マンデラにて、若者の過激化を防ぐ共同プロジェクト「One Stop Youth Resource Center Project」を実施しています。アル・シャバーブのリクルーターの多さや周辺環境から若者の過激化リスクが極めて高いとされるマンデラは、アル・シャバーブによる攻撃やアクセスの悪さからこれまで見過ごされてきた重要な場所です。アクセプト・インターナショナルは、国連人間居住計画との了解覚書(MoU)に基づき、当プロジェクトの実施組織(Implementing Partner: IP)として、プロジェクトスタッフへの研修(ToT)、特別ワークショップ、プロジェクト内でのモジュール作成、ベストプラクティスの作成と共有などを受け持っています。

どれだけ苦しい状況に置かれたとしても、
もう二度と間違った道を歩むことはない。

— イスラム過激派組織アル・シャバーブ投降兵 / シアド

テロと紛争のない世界を実現するために、
今世界で、あなたが必要とされています。