団体概要
沿革
2011 9月 学生NGO「日本ソマリア青年機構」設立。早稲田大学に在籍していた永井陽右とソマリア人学生の2名で「紛争地ソマリアの問題を解決する」団体として発足。
11月 ソマリア人学生の長期留学支援事業(Study Abroad Project)を開始。
12月 早稲田大学以外の学生も加入。現地学生団体と合併し、ソマリア人メンバーとともに活動を本格始動。
2012 10月 ソマリア・ケニアのソマリア人難民居住区にてスポーツ用品の寄付を通じた平和構築事業(Cheer up Somali Sports Project)を開始。
2013 2月 American Express Japan主催「Student Challenge for Change 学生みんなでつくるイイコト・プロジェクト!」にて全体1位の956票を獲得。
9月 ソマリア人ギャングの脱過激化・社会復帰支援事業(Movement with Gangsters)を開始。
20147月 「第28回人間力大賞(青年版国民栄誉賞)」にて人間力大賞、外務大臣奨励賞を受賞。「大学生 OF THE YEAR 2014」にて総合グランプリを受賞。
20153月 2014年度早稲田大学小野梓記念賞(特別賞)、早稲田校友会稲魂賞受賞。
3月 日本メンバーの募集を首都圏から全国に拡大。
2016 5月 『僕らはソマリアギャングと夢を語る--「テロリストではない未来」をつくる挑戦』が英治出版より発売。
2016 11月 アルシャバーブ投降兵の脱過激化・社会復帰支援事業の開始。
12月 代表理事の永井が日経ビジネス「次代を創る100人」に選出。
2017 3月 ソマリア人ギャングの脱過激化・社会復帰事業での受け入れギャング総数が70名を超える。
4月 NPO法人アクセプト・インターナショナル設立(初期メンバー35名)。
7月 ソマリアとケニアの国境・マンデラにおける国連人間居住計画(UN-Habitat)との協働事業の開始。
8月 『ぼくは13歳、任務は自爆テロ。: テロと戦争をなくすために必要なこと』が合同出版より発売。
9月 ソマリア人ギャング組織「カリフマッシブ」の全受け入れと同組織の解散を完了。
2018 4月 ソマリア人ギャング組織「スーパーパワー」からの受け入れ開始。
8月 インドネシアにおける元テロリストへの脱過激化プログラムの開始。
代表理事の永井がForbes「第1回 30 UNDER 30 JAPAN」ソーシャルアントレプレナー部門に選出。
2019 4月 ソマリア政府との協働事業・DRRプロジェクトの開始。

テロと紛争のない世界を実現するために、
今世界で、あなたが必要とされています。