個人でできること
アンバサダー
の声

Vol.11 三浦紗織さん

「アンバサダーの声」第11弾は、神奈川県在住で大学生の三浦紗織さんです。

アンバサダーになったきっかけは何でしたか?

元々国際協力に興味あり、アクセプト・インターナショナルの報告会に何度も行っていました。その中で活動を詳しく知り、とても精力的に活動をしていることに感銘を受けました。

ケニア事業部長の山崎が友人でもあり、何かしらの形で貢献できないか、応援できないかと思い、アクセプト・アンバサダーになることを決めました。継続寄付会員制度自体は社会にたくさんあるけれど、アンバサダーは少しユニークなものでもあるので気になったという点もあります。

実際にアンバサダーになってみていかがでしょうか?

知らない間に口座からお金が引き落とされていて毎月ちょっとびっくりします(笑)。ユニークとはいえ、アクセプト・アンバサダーは継続寄付会員制度ではあるのでそんな認識ではいましたが、定期的に開催される懇親会などに参加してみると自分もメンバーの一部であるような感覚になります。メンバーの方々も、アンバサダーは身内だと言ってくれますし、何よりそれを実現するべく色々な工夫をしていて嬉しいです。もっともっと親睦を深めていきたいと思います。

普段アンバサダーとして何かしていることはありますか?

アンバサダーステッカーをノートパソコンに貼っていることに加えて、どのようにしてアクセプト・インターナショナルの活動に市民を巻き込むかという、自分の研究する分野に関わる点でのアドバイスを定期的にしています。

普段アンバサダーとして何かしていることはありますか?

ステッカーをノートパソコンに貼るとともに、大学の友人にアクセプト・インターナショナルのことを話していたりします。これからアンバサダーコミュニティがさらに盛り上がると聞いたので、そこでもっとやれることをアンバサダーの皆さんと考えて実現していきたいと思います!

※アンバサダールームというアンバサダー限定のウェブグループが来月から運用開始する予定です。ご期待ください!

アクセプト・インターナショナルには今後どのような組織になっていってほしいと考えていますか?

この調子で組織をどんどん大きくしていきより大きなインパクトを生み出していってほしいです。またそれと同時に影響力も幅広く成長し続けてほしいです。アンバサダーも組織の一員として共に育っていけたら素敵だなと思います。

一方で、今のような親しみやすさや純粋な理念を変わらず持ち続けてほしいとも思います。今あるアクセプト・インターナショナルらしさが素晴らしいと思うからこそ、そのまま大きくなっていって欲しいと思います。また、アンバサダーへの活動報告をもっと様々な方法でできていけたらさらに良いとも思うので、この点も期待しています。

最後に、このサイトを見ている方やメンバーへ何かメッセージをどうぞ!

常に行動し続ける彼らの可能性を信じて応援してくれる人が少しでも増えればいいなと切に思います。みんなで盛り上げていけたら嬉しいです!メンバーの皆さんも引き続き頑張ってください、応援してます!


三浦紗織様、「アンバサダーの声」にご協力頂きまして誠に有難うございました。私たちの活動にお力添えくださり、本当にありがとうございます。アンバサダー限定のウェブグループ「アンバサダールーム」も是非是非ご期待ください!今後ともどうぞよろしくお願い致します。