個人でできること
アンバサダー
の声

Vol.54 久保原 心愛 さん

2023年11月16日


アクセプト・インターナショナルの活動を継続的に支えていただいているアクセプト・アンバサダーの声を紹介する本コーナー。

「アンバサダーの声」第54弾は、現在、教師を目指している大学1年生の久保原 心愛(くぼはら ここあ)さんです。


久保原さん、インタビューへのご協力ありがとうございます!まずは、バックグラウンドやご経歴を簡単に教えてください。

私は現在大学1年生で、教師を目指しています。

中学生の頃、アフリカの子供兵について知り、紛争地域の若者に興味を持ちました。アフリカの若者が不条理に兵士として活動しなければならず、武装組織の命令の下、若者自身の帰る場所を無くすために自分の母親を殺さなくてはならない事態を知り、胸が痛くなりました。そこから、学びたくても学べない、それどころか武器を手に取るしかない若者たちに、「何が出来るか」を考え始めました。そうして、様々な団体を調べるうちにアクセプトを知り、アンバサダーになりました。


そういった背景があったのですね。アンバサダーご就任ありがとうございます。

将来はどんな教師を目指されているのですか?

多面的・多角的な知識や視野を持ち、生徒にそれを還元できる先生になりたいです。

というのも、高校生の時、進路選択の際に、担任の先生や教科担当の先生にアドバイスをたくさん貰いました。自分にはない選択肢を持っていて、経験からなる提案に驚かされることがありました。そして、現在は、そのような先生方のおかげでとても充実した日々を送れています。改めて、自分は無知だったなと実感しているとともに、そういった先生のようになれたらと思っています。


ありがとうございます。教師になる夢が叶うことを応援しています!

では、アンバサダーにご就任いただいた一番のきっかけや、続けていただいている理由についても教えていただけますか?

多くのNPO、NGOを検索している中で、「紛争地に物資を供給する」という活動が多いことに気づきました。しかし、「紛争地に物資を供給することは、根本的な解決に繋がっているのか?」「いくら物資を支援しても問題の根源となる部分を解決しない限り状況は変わらないのではないか?」と疑問に感じていました。

そんなときにアクセプトの活動を知りました。イベントに参加する中で、アクセプトは職員の方々が実際に現地に行き、テロや紛争に関わる人を減らす取り組みを行っている、と知りました。具体的には洗脳されたために過激な思考を持ってしまった人と対話をしたり、スキルトレーニングをすることで武器を置き、社会復帰が出来るよう支援したりなど、人と人との対話を大切にしながら活動を行っていると思います。

その時「これだ!」と思いました。「アクセプトは問題の核心に迫っている。そして、傷ついてしまった人の心は物ではなく、同じ人によってでしか癒せない」と改めて思い、アンバサダーになることを決めました。

アンバサダーになってからはインスタやテレビ番組などでアクセプトの状況を見ながら、自分も誰かに小さな幸せを与えられていると誇らしい気持ちを持っています。


小さな幸せどころか、久保原さんのご支援によって、人々が武器を置き、多くの命が救われています。ありがたい限りです。

実際にアクセプトと関わる中で、アクセプトから影響を受けたことはありますか?

以前は加害者だった・殺人者だったという事実を聞いただけで悪い人だと決めつけて終わりにしていました。しかし、イベントなどに参加するなかで「加害者も被害者である」「テロリストのほとんどが望んで加入していない」という事実を知り、その背景にも目を向け、多面的・多角的な視野を持つことを心がけるようになりました。

また、(アクセプトの代表である)永井さんは私と同じ大学1年生の時にソマリアを救うための活動を始めたそうです。私は現在同じ1年生ですが、私にはその力も行動力もありません。しかし、ないと言って終わりにするのではなく、自分の出来ることから始めてみようと思い、日々頑張っています。

▲代表・永井の著書「共感という病」を読んでいる久保原さん。

様々な視点から物事を考えるのは本当に重要ですよね。私もアクセプトのいちメンバーとして日々感じます。

アンバサダーとして何かしてみたいことはありますか?

イベントに参加したことはあるのですが、アンバサダー限定イベントがあることを最近知ったので参加してみたいです!(笑)


ぜひ参加されてみてください!イベントにてお待ちしています。

最後に、読者の皆様に向けてメッセージをお願いします!

自分の力はちっぽけですが、寄付をすることで誰かの幸せに貢献できていると実感することができます。

ぜひご一緒に、アンバサダーとして活動していただけると嬉しいです!


教師になる夢やアクセプトにご賛同いただいたきっかけなど、たくさんお話をいただいてありがとうございました!

今後も、アクセプトとともにテロ・紛争のない世界の実現に向けて歩んでいただけたら幸いです。


インタビュー担当:南部壮太郎


<読者の皆様へ>
政府の意向に左右されない私たち独自の活動は、毎月1,500円から活動にご参加いただける「アクセプト・アンバサダー」をはじめとした皆様からのご支援があってこそ成り立っています。

皆様とともに、この日本からテロ・紛争の解決に挑戦していくことができれば大変幸甚です。

▶ アンバサダー募集ページはこちら

アンバサダーの声