イベント

お申し込みはこちら:2/7(水)20:00~21:00

本イベントは随時開催しておりますので、ご都合の合わない方も是非こちらから他の日程にお申し込みください。

日本発のNGOだからこそできること。

日本から遠く離れたソマリアやイエメンなどの熾烈な紛争地で、未来を担う若者が武器を置き人生をやり直すための支援を展開してきました。前例がなく共感が得にくい分野で、独自の方法論と考え方を確立し、創業以来駆け抜けてきました。

本イベントでは、私たちが大切にする価値観をもとに「なぜ日本からテロ・紛争解決を目指すのか」について、人道支援NGOから当法人に転職した職員が熱く語ります。

▼こんな方におすすめです!

✓活動内容だけでなく、団体の価値観や考え方を知りたい。
✓活動にかける職員の想いを聞きたい。
✓なぜリスクが高く難しい課題に取り組むことができるのかに関心がある。

お申し込みはこちら:2/7(水)20:00~21:00

本イベントは随時開催しておりますので、ご都合の合わない方も是非こちらから他の日程にお申し込みください。

▼登壇者紹介

丸田 陽加里(まるた ひかり)

NPO法人アクセプト・インターナショナル 海外事業局職員
広島生まれで学生時代から核廃絶や紛争解決に関心を持つ。新卒入社した企業で福島県に転勤となり、東日本大震災から5年以上が経過してもなお当時の影響が残る状況に衝撃を受け、退職後、復興や地域づくりに従事。2022年のロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに紛争解決に本格的に関わることを決め、当法人にプロボノとして参画。人道支援を行う国際NGOでウクライナ難民・国内避難民支援を経験したのち当法人に転職し、現在はソマリア、イエメンにおけるテロ組織からの投降兵や受刑者の脱過激化・社会復帰支援に従事。国際基督教大学教養学部卒。

▼当日のプログラム

1. 団体の概要:

当法人が取り組む問題と問題解決に向けた活動内容、独自の方法論などを簡単にご説明します。

2. なぜ日本からテロ・紛争解決に取り組むのか:

団体のビジョン・ミッション・バリューをもとに「なぜ日本から紛争解決に取り組むのか」をお話しします。また、寄付型NPOとして活動する意義についても解説します。

3. 今後の展望とアンバサダー制度のご紹介:

私たちが目指す未来についてお話しします。その上で、当法人のアンバサダーとしての参画方法をご案内します。

4. アンケートと質疑応答

これまでの経験等を元に、参加者の皆様からのご質問にお答えします。

▼実施概要

▷日時:2024年2月7日(水)20:00~21:00(19:55〜受付)

※なお、10分程度延長の可能性があります。

▷実施方法:Zoomを用いたオンライン開催

※お申込みいただいた方に参加用URLをお送りいたします。
※登壇者は海外の現場から参加します。インターネットの接続が一部不安定になる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

▷参加費:無料

▷定員:30名

※定員になりましたら締め切りますので、お早めにお申込みください。
※最少催行人数(10名)を下回る場合は、イベントがキャンセルとなる場合がございます。
※当日やむを得ずキャンセルされる場合は、イベント開始1時間前までにevent@accept-int.orgにご連絡いただけますと幸いです。

お申し込みはこちら:2/7(水)20:00~21:00

本イベントは随時開催しておりますので、ご都合の合わない方も是非こちらから他の日程にお申し込みください。

※イベント開始直前までお申込みいただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼代表・永井に密着したTV番組「情熱大陸」(MBS毎日放送)が放送されました
https://www.mbs.jp/jounetsu/2023/02_12.shtml

▼文春オンラインにて特集されました
前編「最後は“こいつらバカで金もないけど、ガチだな”と…」 アフリカでギャングを改心させた大学生が、日本唯一の“テロリスト更生スペシャリスト”になった不思議な経緯

後編「そいつが何人殺していてもまずは受け入れる」30歳の青年が防弾チョッキで“紛争の最前線”へ赴く意外なワケ《これまで200人超のテロリストが投降》

より多くの方にこの問題や活動を知っていただくため、 この記事へのいいねとシェアをお願いいたします。

その他のイベント

テロと紛争のない世界を実現するために、
今世界で、あなたが必要とされています。