イベント
「若者がテロに走る問題」とその解決に向けた取り組みを知るーアクセプト・インターナショナル活動説明会ー

下記よりご希望の日程をクリックしてお申込みください。

2/18(土)20:00~21:30

2/23(木)20:00~21:30

ソマリアをたびたび襲う危機。その背後にあるのは、いつもテロや紛争です。

アクセプト・インターナショナルはこの問題に対して、テロに走ってしまった若者を「アクセプト(受け入れ)」し、彼らが武器を置き人生をやり直すための道を創ることが必要だと考え、2011年よりソマリアなどの紛争地で活動してきました。

前例がなく、共感を得にくい分野ではありますが、2020年には仏マクロン大統領の主導するパリ平和フォーラムにて「地球規模課題のソリューション」として私たちの取り組みが日本から初選出されたり、2021年には国連経済社会理事会との協働資格を正式に付与されたりと、国際的にも認められるようになりました。

本イベントでは、紛争地ソマリアで私たちが受け入れている“テロリスト”の実話をもとに「なぜ若者がテロに走るのか」「どのようにして彼らのやり直しを支えるのか」「その先にある紛争解決のビジョン」などについて、丁寧にお伝えします。当日は、ソマリアの隣国・ケニアに滞在し、今まさにプロジェクトを実施している職員が登壇いたします。

▼こんな方におすすめです!

✓メディアで報道されない、テロ/紛争当事者の声を聞きたい
✓立場や文化の異なる相手との対話や関係構築に関心がある
加害者とされる人々がやり直すプロセスに関心がある
✓社会問題や紛争解決へ向けて自分ができることを考えたい
✓現地で実施中のプログラムや活動の成果について詳しく知りたい
✓厳しい現実があっても前に進む姿勢を学びたい
NGOで働く話・紛争地域で活動する日本人の話を聞いてみたい

↑プログラムのファシリテーションをする登壇者

本イベントが皆さまにとって、身近にはない問題に触れ、さらには何か行動を起こすきっかけになればとても嬉しいです。それでは当日、お会いできることを楽しみにしています!

下記よりご希望の日程をクリックしてお申込みください。

2/18(土)20:00~21:30

2/23(木)20:00~21:30

▼登壇者紹介

山崎 琢磨(やまざき たくま)

NPO法人アクセプト・インターナショナル 海外事業局職員
ボスニア・ヘルツェゴビナで虐殺による犠牲者の遺族の方と出会ったことを機に紛争解決に携わる覚悟を決め、2016年に当法人に参画。4年間にわたり、ケニアに難民として逃れたのちに過激化し、治安悪化の主要因とされていたソマリア人ギャングの更生・社会復帰支援に携わり、170名規模のギャング組織を解散に導く。
現在は、ソマリアを拠点に暗躍し世界で最も危険なテロ組織のひとつとされる「アル・シャバーブ」からの投降兵・逮捕者が、武器を置き、人生をやり直すための支援にも従事。慶應義塾大学法学部政治学科(アフリカ政治)卒。

▼過去の参加者の声

30代(女性)医療・福祉関係者

「多文化共生やダイバーシティに関心があり日頃から学んでいますが、加害者とされる側に寄り添う活動は、誰ひとり取り残さないために必要な姿勢だと感じました。」

20代(男性)ITコンサルタント

「SDGsや国際協力、平和構築などに興味があり、以前からSNSなどで活動を拝見していたのですが、今日改めてその具体的な内容を知ることができてよかったです。」

50代(男性) 海運関係者

「ソマリアと聞けばマイナスイメージしかありませんでした。テロリストになってしまった若者たちが抱える問題に、日本人が向き合っていることに大きな衝撃と感動を覚えました。」

20代(女性)教育関係者

「否定ではなく受け入れること、子どもや若者が育つ環境の大切さを学ぶことができました。特にイスラーム教再教育ゼミの様子は印象的で、アクセプトさんの行っている広い意味での教育は効果的であると感じ、自分自身の救いにもなりました。」

▼当日のプログラム

1. テロと紛争の問題構造:

ひとりの元“テロリスト”のストーリーを追いながら、世界最悪の紛争地とも呼ばれるソマリアの現状や、世界のテロ・紛争の概要をお伝えします。

2. ソマリアでの取り組みと今後の展望:

主にソマリアの刑務所で実施している更生支援の取り組みについて、“テロリスト”との対話や実際の写真を用いながら丁寧にご説明します。また、若者が生き直す権利を明確にする国際条約の制定をはじめとした、私たちの目指す未来についてお話しします。

3. 今後の展望とアンバサダー制度のご紹介:

「テロや武力紛争に関わる若者の権利宣言」の国際条約化をはじめとした、私たちが目指す未来についてお話しします。その上で、当法人のアンバサダーとしての参画方法をご案内します。

4. アンケートと質疑応答

これまでの経験を元に、参加者の皆様のご質問にお答えします。

▼実施概要

▷時間:1時間30分(5分前より受付開始)

※なお、10分程度延長の可能性があります。

▷実施方法:Zoomを用いたオンライン開催

※お申込みいただいた方に参加用URLをお送りいたします。
※登壇者は海外の現場から参加します。インターネットの接続が一部不安定になる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

▷参加費:無料

▷定員:30名

※定員になりましたら締め切りますので、お早めにお申込みください。
※最少催行人数(10名)を下回る場合は、イベントがキャンセルとなる場合がございます。
※当日やむを得ずキャンセルされる場合は、イベント開始1時間前までにevent@accept-int.orgにご連絡いただけますと幸いです。

下記よりご希望の日程をクリックしてお申込みください。

2/18(土)20:00~21:30

2/23(木)20:00~21:30

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼ただいま寄付キャンペーン実施中!!
ソマリア2022大干ばつ 緊急支援プロジェクト:
https://accept-int.org/emergency_somalia/

▼NHK BS1「ザ・ヒューマン」にて長編ドキュメンタリーが放送されました
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2022119143SA000/?np_banID=top_nw_m_119143

▼文春オンラインにて特集されました
前編「最後は“こいつらバカで金もないけど、ガチだな”と…」 アフリカでギャングを改心させた大学生が、日本唯一の“テロリスト更生スペシャリスト”になった不思議な経緯

後編「そいつが何人殺していてもまずは受け入れる」30歳の青年が防弾チョッキで“紛争の最前線”へ赴く意外なワケ《これまで200人超のテロリストが投降》

より多くの方にこの問題や活動を知っていただくため、 この記事へのいいねとシェアをお願いいたします。

その他のイベント

テロと紛争のない世界を実現するために、
今世界で、あなたが必要とされています。