イベント
【オンライン実施】
アクセプト・インターナショナル5月度活動説明会
~テロと紛争の解決に向けて~
【インドネシア特集】対話を通じて、テロではない解決策を考える

「テロと紛争の現状を知りたい」
「NPO職員の話を聞いてみたい」
「平和な社会をつくるためにできることを考えたい」

そのような思いをお持ちのあなたに向けたイベントです。

こんにちは。
アクセプト・インターナショナル職員の秋葉です。
テロと紛争の解決をミッションに掲げるNPO法人アクセプト・インターナショナルの職員として、現場に足を運びつつ、国内での広報活動にも取り組んでいます。

2011年、当法人の前身団体は、多くのソマリア難民が生活するケニアで活動を開始しました。

それから10年目。
私たちは現地NGOとも協力しながら、海を渡ってISISやアル・カイーダに参加し、祖国に戻っても過激な思想を保持しやすいインドネシアの元テロリストたちを受け入れて、彼らの思想を認めた上で、具体的な行動としてのテロ行為を見つめ直す機会を持っています。

ソマリア・ケニアよりも過激化の背景に思想の影響の強いインドネシアでも、アクセプトの紛争解決の論理をもとに以下のような活動を展開しています。

◎脱過激化セッション

釈放された元テロリストと社会の和解を促進するべく、彼らと現地コミュニティの代表者を複数名招へいして、相互理解と和解を深めるとともに、社会復帰に向けて前向きな姿勢を醸成することを目指しています。

また、彼らが問題に直面した際に自ら対処できる能力と同時に、それを支える社会の受け入れ態勢を構築することで、彼らの社会復帰を後押ししていきます。

※元テロリスト、現地コミュニティの代表者、当法人のスタッフたちが互いを知る機会になっています。

◎社会復帰フォローアップ

元テロリストの方々のコミュニティや家庭を訪問し、経済・社会的自立に問題があれば対策を講じるとともに、長期的・継続的なモニタリングとカウンセリングも行っています。

※家庭訪問の様子。思想から日常生活まであらゆることを話します。

当日の活動説明会では、テロと紛争の現状をはじめ、インドネシアで行われている具体的な活動をお話していきたいと思います。

あなたのご参加を
メンバー一同心よりお待ちしております!

▼インドネシアのプログラム参加者の声

「最初はイスラム教徒ではない日本人に何ができるのかと考えていた。でも実際、彼らとフラットに自分の過去を振り返り、実生活に根ざしたフォローアップを受けることは、非常に有意義だった。」(元テロリスト)

▼イベント参加者の声

・20代女性(学生)
「自分と同世代の人が始めた活動と知って、とても刺激をもらいました。」
・30代男性(社会人)
「改めて、国際協力と関わりたいと感じるいい機会になりました。」
・50代男性(社会人)
「活動の背景にある論理まで、よく理解できた。」

※オフラインでの活動説明会の様子

(※)団体紹介PV:こちら
   当団体のHP:こちら

▼日時

2020年5月13日(水) 19:30~20:45 (19:15~受付)

▼内容

第1部 団体紹介

第2部 インドネシア事業紹介

第4部 質疑応答

▼講演者

◎秋葉 光恵

1992年生まれ。London School of Economics and Political Science(LSE)開発学修士、University of St.Andrewsテロ対策コース修了。学生時代から心理的アプローチを通じた平和構築に関心を持ち、関連するNGOや国際機関でのインターン、ノーベル平和賞受賞者サミットへの参加を経験する。卒業後は、独立行政法人国際協力機構(JICA)に入構。暴力的過激主義者を対象とする脱過激化・社会復帰支援の独自性や重要性への共感から2018年11月に転職して現職に至る。

▼参加費 / 接続 / お申し込み

・参加費:無料
・接続:ZOOMを使用しての接続を予定

お申込みはこちら
※お申込み後、接続方法の詳細を送付します。

より多くの方にこの問題や活動を知っていただくため、 この記事へのいいねとシェアをお願いいたします。

その他のイベント

テロと紛争のない世界を実現するために、
今世界で、あなたが必要とされています。