DRR PROJECT|NPO法人アクセプト・インターナショナル
テロのない世界を、
ソマリアから。
「人生をやり直したい」
テロリストと呼ばれる人々がそう思った時、そこには極めて
高い壁がいくつもあります。私たちは、彼らとともにその壁
を乗り越え、テロ・紛争解決を導く好循環を創り出します。

ソマリアの現場より

NPO法人アクセプト・インターナショナル広報局長の河野智樹と申します。

11月から開始したクラウドファンディングも、残すところわずか14日となりました。計357名の方々から380万円を超えるご寄付を賜ることができ、皆様の暖かなご支援、ご協力に心からお礼申し上げます。

今現在、私は世界一危険な国、世界最悪の紛争地とも呼ばれるソマリアの首都モガディシュに滞在し、現地プロジェクトのアシスタントやプロジェクト管理に奮闘中です。現地では毎日銃声と、時たまテロの爆破音を聞く日々であり、常に危険と隣り合わせで活動を行なっております。

当法人の主な活動拠点である中央刑務所は、テロ組織アルシャバーブの元メンバー、その中でも特にハイリスク及びミドルリスクに分類される人々が収監されており、我々は外国人として初めて足を踏み入れ、プログラムを実施しております。ここでは1300名ほど、そのうちほとんどの方々がいわゆる元テロリストの人々であり、その半数以上が20歳〜30歳の若者です。

▲刑務所の広場にて受け入れ中の受刑者の方々(広報局長 河野)

プロジェクト内では、1人1人対面で行うケアカウンセリングや、投降兵・逮捕者の人々への専門の宗教指導者と共におこなうセッション、投降リーフレットの展開において連携している現地の軍の方々とのコーディネーションなど、様々なことを行なっております。

今期のタームで受け入れている方々のうち、2021年1月16日に、7年の刑期を終え、無事に釈放された方もいます。彼は15歳の時に中央刑務所に収監されました。刑務所への攻撃を目的としたテロに関わったとして逮捕されましたが、初めて彼に会った際、「こんなに若い子がテロ組織のメンバーだったのか」というのが正直な第一印象を持ちました。また、彼だけではなく、収監されているほとんどの方々に同様の印象を持ちました。それだけ若い人々がほとんどであるのが実情です。

刑務所内では、全ての人がテロを直接的に行い、人を殺めているとは限らず、半数の人々は間接的に関わっていました。テロ組織に加入した理由もまた様々です。「家族を人質にとられ、彼らを守るためには仕方なかった」、「字の読み書きができない中、テロを起こせば天国に行けるんだ、そう大人たちが言ったから」、「貧しい環境を変えたくて家族を食べさせていくために組織に入った」、など様々な背景があります。

そんな彼らと長い時間をかけて地道に向き合っていくわけですが、ケアカウンセリングの中で、「人生において君にとって一番大切なことはなに?」と質問すると、「結婚して家族を持つことかな」、「出所した後は大学に進学して学びたい」などと、決まって屈託のない笑顔で答えてくれます。そして、釈放の際は迎えにきてくれた家族と再会し、子供のような笑顔で微笑みながら刑務所を後にするあの光景は一生忘れません。その他にも「出所後は一生懸命働きたい、ビジネスについて自分たちに教えてくれ」「自分が出したビジネスのアイディアを見てくれ」「刑務所の中にいてもたくさん勉強したいんだ、この本を買って欲しい!」「家族に早く会いたい」そんなことを真っ直ぐに、真剣な眼差しで訴えてくれる人々が確かにここにいます。

▲宗教指導者とともに実施しているイスラーム教講座(代表理事 永井)

テロ・紛争の問題は「危険すぎるから」「自分の命が危ないから」「解決が難しすぎるから」「解決策なんてないから」と言われ続け、世界中の人々や団体は直接的な支援を避け続けてきた問題です。日本を見ても、実際に現地に赴き、直接的な支援を行う団体は非常に少ないのが現状です。このような紛争地に足を踏み入れて、直接的な支援を行う人々は、世界中を見ても数えられるほどしかいません。だからこそ我々がやらなければいけないという思いでこの問題に向き合ってきました。

すでに上記を読んでくださった方であればお気づきかもしれませんが、全ての人が最初から「いわゆるテロリスト」として生まれてくるわけではありません。当法人は、いわゆる「加害者」とされる人々の様々かつ生の声を、現地の活動を通じて聞いてきました。昨今、SDGsの「誰一人として取り残さない」という言葉は多くの場面で耳にするようになりましたが、その「誰一人」の中に彼らは入っていません。メデイアで切り取られただけの情報では、あたかも「単なる人殺し」に見えるかもしれません。でも、様々な理由があって組織に入っているのが実態です。「本当に取り残されているのは誰なのか」、この問いに2011年の設立から真正面から向き合ってきました。

1度組織に入ってしまえば、誰も手を差し伸べない、誰もが無視し続けられる、危ないから近づきたくない、そんな世界のなかで、だからこそ我々が「受け入れ」、「1人にしない」ようにしなければいけません。確かにいわゆるテロ組織の一員ではありますが、同じ「人権」という名のもとに語るのであれば、彼らも我々と同じ一人の人間です。1人でも多くの人が、暴力ではない方向に歩めるよう支えられたら、という強い思いで日々活動しています。

最後に1つお伝えしたいのは、皆さんのご支援により、いわゆる加害者とされる彼らだけでなく、その先にある「傷付けられ、失われるはずだった命」まで救われるということです。そして、これまで発生したテロによって失われた我々と活動を共にしてきた現地の同志、これまでテロによって亡くなった人々全ての命と想い、全てがこの活動にかかっています。

我々があと少しでも頑張れたなら、あと少しでも協力してくれる方を募れたら、その協力であと少しプロジェクトを拡大できたなら、救えたはずの命があります。それだけみなさんのご支援によって救われるものがあります。

「テロと紛争のない世界の実現」のために、どうぞご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

なぜ若者がテロ組織に加入し、何をきっかけに脱退するのか?

新年あけましておめでとうございます!本年もどうか変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

クラウドファンディングの開始から5週間が経過し、266名の方々から300万円を超えるご支援が集まっています。ここまでご参画いただいた皆様に心より御礼申し上げます。残り28日間、目標の700万円まで精一杯走り抜けていく所存です。

さて、本日はDRRプロジェクトの対象である若者たちが、なぜテロ組織に加入し、何をきっかけに脱退するのかについて、実際の事例をもとにお伝えいたします。

若者がテロ組織に加入する要因は極めて多様であり、普遍的な答えは存在しません。経済的な困窮から抜け出すため、組織が掲げる表向きの理念に共感したため、知人による勧誘や脅迫を受けたため、などさまざまです。

24才のアブーとガルデレは、周辺国によるソマリアへの介入と政府への不信感を背景に、アル・シャバーブが唱える「安全でより良い社会の創設」を求めて組織に加入することを決めました。アル・シャバーブとは、ソマリアを拠点に暗躍するいわゆるテロ組織であり、2001年にアメリカ同時多発テロを実行したアル・カーイダに忠誠を誓っています。

アル・シャバーブには心理操作やプロパガンダを専門とする部門があり、新規で加入したメンバーに対して「教育」を施します。国際社会や既存の体制に対する憎しみを植え付られた若者たちは、戦闘員として従事する者もいれば、資金調達の仕事に携わる者もいます。

しかし、アブーとガルデレは、アル・シャバ―ブの暴力が多くのソマリア人の命を犠牲にしていることから、組織を離れることを考え始めました。宗教的な伝統を広める理念とは裏腹に、自らの利益のために人々を無差別に殺害する様子に幻滅したのです。最終的に彼らは組織の目を盗み、ソマリア政府に投降しました。

アル・シャバ―ブを含むいわゆるテロ組織の脅威に打ち勝つには、その心理操作や影響力から若者たちを遠ざけ、抵抗力を培う必要があると彼らは指摘します。一度憎しみの感情を持ってしまうと、そこから抜け出すのは極めて難しいからです。

しかしそれでも、一度道を外してしまった若者たちに新たな人生の選択肢を提供することも極めて重要です。だからこそ私たちは、アル・シャバーブからの投降兵と逮捕者の脱過激化・社会復帰を支援するとともに、現役のアルシャバーブ構成員の脱退と投降の支援を行っています。

テロ組織のメンバーが脱過激化して社会に戻ることができれば、包括的なテロと紛争の解決に向けて多大な貢献ができると信じています。皆様とともに、日本から前例を創っていく所存です。引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

クラウドファンディング企画担当より

NPO法人アクセプト・インターナショナル広報局の山崎琢磨と申します。

クラウドファンディングの開始から約1ヶ月が経ち、計237名の方々から270万円を超えるご寄付が集まっています。皆様の暖かなご支援、誠にありがとうございます。

本日は、本クラウドファンディングの企画担当としてプロジェクトに込めた想いをお伝えいたします。

私は2016年5月に当法人の前身である「日本ソマリア青年機構」に出会いました。「世界最悪の紛争地ソマリアをどうにかしたい」との想いで2011年に立ち上がった後、2013年からはケニアにて「テロリスト予備軍」とされるソマリア人ギャングの脱過激化・社会復帰支援を実施し、2016年からはソマリア本国でも活動を開始しました。2017年にアクセプト・インターナショナルとして法人化し、現在に至るまでテロや紛争のない世界を目指して活動しています。

その中でも私はケニア事業に4年間携わりました。具体的には、ギャングの若者たちが社会復帰するために、意識改革ワークショップを実施して自らのポテンシャルに気づいてもらうことに加え、スマートフォンの修理スキルを自ら習得し、彼らに提供することで収入創出に繋げるなど、包括的な支援を行ってきました。

これまで彼らとさまざまな対話をしてきましたが、共通しているのは、皆好きでギャングになったわけではない、ということです。社会からの差別に苦しみ、自らの居場所を模索する中での抵抗だったのです。「加害者」とされる彼らではありますが、その背景には「生活のため」や「仲間を守るため」など、そうせざるを得なかった事情がありました。

もちろん活動にはさまざまな困難が伴いますが、彼らのやり直しを支えることのできる数少ない存在として、諦めずに向き合ってきました。活動の末、ギャング組織の解散式を実施することもでき、彼らの再起を後押しすることのやりがいと意義を強く実感しました。「フラットに向き合ってくれてありがとう。アクセプトのおかげで俺は変わることができた」という言葉ほど励みになるものはありません。

このような現場での経験を踏まえ、2020年4月より広報と資金調達の仕事に従事し、現場のインパクトを財政面で支えています。本クラウドファンディグは、私たちが設立当初よりまっすぐに向き合ってきたソマリアにて、いわゆるテロ組織からの投降兵や逮捕者の方々の脱過激化と社会復帰を支援するために企画されました。いただいたご寄付はこれまでのプロジェクトの強化に加え、現役のいわゆるテロリストの方々が武器を捨てるための新たな取り組みに充てさせていただきます。※詳細はプロジェクトページをご覧ください。

私自身が現場で向き合ってきたギャングたちがそうだったように、生まれながらにテロリストだった人は存在しません。皆、なにかしらの事情がありました。このことは、「ガールフレンドと結婚したい」、「仕事をして家族を助けたい」という、いわゆる元テロリストの方々の言葉や、その時に見せる屈託のない笑顔が証明しています。ソマリアからテロと紛争のない世界を創る挑戦に、ぜひともお力添えいただけますと幸いです。

テロ組織からの投降を促進する

いつも大変お世話になっております。クラウドファンディングの開始から2週間が経過し、計160名の方々から170万円を超えるご寄付が集まっています。皆様の暖かなご支援、心より感謝申し上げます。

本日は、DRRプロジェクトに新たに導入するテロ組織からの投降を促進する取り組みについてお伝えいたします。

DRRプロジェクトは、いわゆるテロ組織アル・シャバーブに加入してしまった若者に新たな人生を提案し、支えるために考案されました。2019年4月の開始から2020年11月までで、投降兵89名、逮捕者88名を受け入れ、彼らの脱過激化と社会復帰を実現しています(間接支援を含めると投降兵320名、逮捕者750名へのプログラム提供)。

こうした取り組みに加え、この度ソマリア軍やコミュニティリーダーと協働で本格導入することを決定したのが、現役のアル・シャバーブ構成員の投降を促進する取り組みです。主に、投降リーフレットの制作と展開、相談窓口の設置、の2点を軸に実施しています。

投降リーフレットには、特別恩赦を含む投降プロセスの詳細が記されており、読み書きができない方々のためにそれらを表現する挿絵も入れています。さらに、相談窓口に寄せられる投降に関する問い合わせへの対応も行っています。ただし、安全管理の観点から、アクセプト・インターナショナルではなく架空の団体名を使用してプログラムを実施しています。

これらの新規プログラムを2020年8月より試験的に導入し、これまで計82名の投降を実現することができました(2週間前のクラウドファンディング公開時は計44名)。

9年間アル・シャバーブ所属していた青年は、「そこにジハード(聖戦)はなかった。指揮官たちは楽しいだろうが兵士たちの日々は厳しい。毎日死んでいく。」と語ってくれました。アル・シャバーブを抜け出す理由はさまざまですが、彼のように組織に対して幻滅することは重要な要素です。

国際テロ組織アル・カーイダに忠誠を誓い「アフリカで最も危険なテロ組織」とも呼ばれるアル・シャバーブですが、彼らへの直接的なアプローチにより実際の投降を数多く引き出した例はこれまでありませんでした。本クラウドファンディングを成功させることで、より多くの若者に「やり直し」の選択肢を提供し、包括的な紛争解決に貢献していく所存です。

▼実際に私たちの取り組みを通じて投降した3名のアル・シャバーブ構成員。セキュリティの観点から、首より上の部分はカットしています。

クラウドファンディング開始から1週間!

いつも大変お世話になっております。本日はプロジェクトの進捗を2点お伝えいたします。

①120万円達成!
クラウドファンディングの開始から1週間が経ち、計73名の方から120万円を超えるご寄付が集まりました!ご参画いただいた皆さまに心より御礼申し上げます。テロや紛争のない世界に向けて引き続きご支援ご鞭撻のほどいただけましたら幸いです。

②新たな受け入れ対象者の決定
DRRプロジェクトでは、いわゆるテロ組織「アル・シャバーブ」の受刑者を受け入れ、彼らの脱過激化と社会復帰を支援しています。この度、ソマリア政府からの要請を受け108名の男性と20名の女性が新たな対象者として決定しました。これまで取り残されてきたアル・シャバーブの女性構成員ではありますが、彼女たちにも適切な支援を届け、社会復帰を後押しして参ります。

テロリストになってしまった若者たちをより多く救うべく、本クラウドファンディングを皆さまとともに成功させたいと思っておりますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします!

プロジェクトページを公開しました!

ページをご覧いただきありがとうございます!NPO法人アクセプト・インターナショナルです。2011年に早稲田大学の学生が立ち上げたNGO日本ソマリア青年機構を前身団体として、2017年4月に設立されました。

「誰一人取り残さない。たとえ加害者とされる人であっても。」

このようなビジョンを掲げながら、紛争地ソマリアをはじめとして、ケニア、インドネシア、日本で事業を展開してきました。

この度のクラウドファンディングは、2019年4月より実施してきたソマリアにおける「DRRプロジェクト」をより発展させるべく、企画されました。ソマリアの中央刑務所での継続的な活動を許されている唯一の組織として、引き続きテロリストとされる存在に向き合い、新たな人生を踏み出す一歩を後押しして参ります。

また、本プロジェクトを通じてより多くのみなさまに活動を知っていただきたいとも思っております。皆様の暖かなご支援、ならびにプロジェクトの拡散をどうぞよろしくお願いいたします!